21時の珈琲

企画職ワーママ(育休中)の育児、読書、考え事記録。

読書-小説

アマチュア音楽家こそ読みたい。『蜜蜂と遠雷』を読みました

どんな本? 蜜蜂と遠雷 / 恩田陸 作 音楽を舞台にした青春群像劇、なんだけど、実は全世代で楽しめる、人生を映す物語。 この本から得られること 音楽を愛する心を改めて実感。 音楽という、聴くことでしか味わえない芸術を文字だけで書ききる恩田さんの文…

明けない夜はない、毎日生きていかなくちゃ。『老人と海』を読みました

頑張っても、チャンスを掴みきれないことがある。 悔しくても、また明日から生きていかなきゃ。そうやってみんな生きてる。 だからそんなにみじめに思わなくていいじゃない、と思える本。

運命に逆らわない。『とっぴんぱらりの風太郎』を読みました

誰にも雇われず仕事がないプータロー忍者、「風太郎」の、大阪冬の陣・夏の陣を巡る物語。 ……と聞くと「なんだ、ただの時代小説か」という印象がありますが、ここに「妖のひょうたん」と「個性豊かな登場人物」が加わることで、鮮やかな「忍者活劇ファンタジ…