21時の珈琲

企画職ワーママ(育休中)の育児、読書、考え事記録。

プライベートゾーンは「触れる心」。保育園児への性教育

年中の娘が保育園で「プライベートゾーン」を習ってきたようです。
「水着で隠れるところと、お口は大事なところ」としっかり教えてくれました。
 

「プライベートゾーン」って?

「水着で隠れるところと、口」を指すそうです。

 

大事な所だから隠す

「そんなところを出して、恥ずかしい」というと、「自分の体は恥ずかしいものなんだ…」という誤った認識を与えてしまいます。
なので、保育園では「恥ずかしいから隠す」ではなく、「大事な所だから隠そうね」と指導してくださってるようです。
 
でも、「大事なところ」ってどういうことだろう。
なんでそこだけ大事なんだろう?
 

プライベートゾーンは「心」

私は、「プライベートゾーンは、心の触れる部分だから」だと考えます。
 
体はいつでも物理的に触れるもの。心はうちに隠れていて、見えず、触れないもの。
プライベートゾーンに触(ふ)れるのは、自分が許可した相手だけです。
心を許した相手だから触らせてあげる。その主導権はいつだって自分にあるものです。
 
性犯罪は人格や尊厳を著しく侵害する、「魂の殺人」と呼ばれています。
それは、人の気持ちを一方的に無視する行為だから。
「わたしはこうしたい」「わたしはそれ、いやだな」という気持ちは当然あってよいのに、それを無視されることの辛さといったら。
 
心は誰しも自由で、秘めた部分が当然にあってよくて、ズケズケと傷付けられてはならない、大事なところ。
そんな、見えない心を見えるようにした部分がプライベートゾーンなんだと思います。
 

自分の体も心も大事にできる子に

保育園でのプライベートゾーンの話を受けてから、子供たちには「今から体洗うねー」「おむつ替えるねー」と声をかけるようにしています。
 
子供たちにとっては許可のいらない内容なのだと思いますが、声掛けすることで、
・親であってもあなたのことを尊重していますよ
・あなたの体はあなただけのものなんですよ
ということが伝わればいいなぁ~…と思います。
 

赤ちゃんはどうやって生まれるの?

息子を妊娠しているときに、娘に聞かれたこと。
「赤ちゃんはどうやって生まれるの?」
 
当時、私はなんて答えたらよいのかわからず、うそをついてしまいました…。
「赤ちゃんはね、雲の上にいてね、このおうちにしよ~っていって、おなかの中にくるんだよ」
 
後ほど調べたら、「おとうさんとおかあさんの命の元が出会って赤ちゃんが生まれる」という説明方法があるみたいです。
 
う~ん、「命の元」って概念がよくわからない…。精子と卵子のことですが、変に美化するより、わかる年齢になったときにそのまま教える方が自分にはあってそう…
ということで、私にはあまりしっくりこなかったので、これからいろんな本を読んで勉強したいと思います。
 
これから小学生、中学生と成長するごとに性教育の種類や内容も変わってくるし、また、男女でも違うんだろうなぁ。
娘には説明できる自信があるけど、息子に話すイメージがまったくつかない。
この辺りは、一緒に勉強しながら夫にお願いしたいなと思います。
 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村